不動産投資の利点は、大きく分けて2つあります。 ・長期的な安定収入 ・インフレ対策 不動産投資の最大のメリットは、長期的に安定した収入を得ることができる点です。 不動産を購入して、その不動産を誰かに貸すことで、この先ずっと不労所得を得ることができます。 そのため、自分が高齢者になって働けない状態となっても、安心して生活をする事が可能です。 また、不動産投資(成功すれね、不労所得がざくざく入ってくるというイメージが強いですね)はインフレにも非常に強い投資方法です。 インフレになると、世の中の物価が上昇するので、もちろん、所有している不動産物件の価値も上がります。 つまり、1500万円で購入した不動産が、インフレによって不動産価値が2000万円になった場合、500万円の得をするということです。 そのまま2000万円で売却すれば、500万円の利益をすぐに得ることができますし、賃貸料をアップする事により、以前よりも多い賃貸収入を得ることも可能です。 そして、不動産投資(主婦やサラリーマンが始めることも少なくありません)のデメリットは、大きく分けて6つあるんです。 ・投資額が大きい ・空室や家賃滞納のリスク(会社経営などではしっかりとマネジメントすることが大切です) ・メンテナンス(こまめなケアをすることで、良い状態を保ちやすくなります)費用 ・金利上昇 ・不動産価格の下落 ・管理の手間 不動産投資を行うとすると、最低でも数百万円以上の資金が必要なので、気軽に投資を行うことが出来ません。 また、せっかく不動産を購入しても、空室率が高くなると家賃収入を得る事が出来てず、元が取れません。 それに、家賃を滞納される場合もあり、必ず収入を得られるという保証はないのです。 所有している物件が老朽化した場合には、メンテナンス(こまめに行うことが状態をよく保つためには必要不可欠でしょう)費用が必要となり、予想外のお金が掛かってしまう事もあるそうです。 それから、不動産を購入される場合、多くの方がローンを利用するため、金利が上昇してしまったりすると、返済額が高くなってしまいます。 さらに、大抵の場合には、購入した時よりも不動産価格が安くなってしまうことや物件を自分で管理しないといけないというのもデメリットですー